医療法人 八子胃腸内科クリニック

福島市の消化器科,胃腸科,内科なら八子胃腸科内科クリニック

〒960-8136 福島県福島市八島町2-3
TEL 024-533-1215/1216

rss

トップページ»  高感度インフルエンザ迅速診断システムについて

高感度インフルエンザ迅速診断システムについて


インフルエンザの確定診断には鼻の奥の鼻汁を綿棒で採取して検査をします。

ただ、従来の検査法では発症してまもない時期や綿棒で採取した鼻汁に含まれるウイルス量が少ない場合には陰性となって、治療開始まで時間がかかったり、翌日に再来院して頂いて再検査が必要な場合も多々あります。

インフルエンザウイルスは非常に増殖速度が速く、1個のウイルスが24時間後には100万個になると言われており、そのためできるだけ早期診断をして治療開始する事が重要です。

当院ではなるべく早い段階(発熱から6時間以内)でも診断が可能な高感度インフルエンザ迅速診断システム(富士ドライケム IMMUNO AG1)を導入しています。

このシステムは鼻汁を綿棒で採取する点、検査料金などは従来の検査法と何ら変わりはありません。

従来の検査法でも検出可能なウイルス量の場合は3分程度で結果は判明し、ウイルス量が少ない場合には自動的に増幅して検査を行い約15分程度の時間がかかります。


まだ福島市で導入している医療機関は少ないので早期診断・治療を受けたい方、インフルエンザの症状だと思うけど他施設で陰性だった方は是非ご利用ください。

インフルラボ  http://influlab.jp/search