福島市八島町の消化器科、胃腸科、内科なら八子胃腸科内科クリニック
胃・大腸内視鏡なら当クリニックにおまかせください

TEL.024-533-1215

〒960-8136
福島県福島市八島町2-3

MENU
  • HOME
  • ブログ
  • 次亜塩素酸水(電解酸性水)は新型コロナに有効

次亜塩素酸水(電解酸性水)は新型コロナに有効

6/26にNITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)が新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性についての続報を発表しました。それによると電気分解法による次亜塩素酸水(電解酸性水)だと35ppm以上で短時間で完全に不活化できたという結果でした。

つまり当クリニックで採用しているホシザキ社製電解水生成装置にて生成された強酸性電解水(次亜塩素酸水)は新型コロナウイルスの除菌、消毒には有効であるという結果でした。

また、今回の検討で安全性についての検証は行わなかったとの報告でしたが、同社製の電解酸性水(次亜塩素酸水)については2002年に「人の健康を損なう恐れがない」ということから食品添加物に指定されています。その認可にあたっては急性毒性、反復性毒性試験、変異原性試験、皮膚刺激試験、粘膜激性試験(眼・口腔・食道・胃)などの安全性確認試験を行った上で異常がなかっために指定されており、その安全性については全く問題はありません。

また、食品添加物に指定されていてもちゃんと洗い流すよう指示されている事から残留塩素を問題視するむきもありますが、次亜塩素酸水の殺菌因子である次亜塩素酸(HClO)は有機物(細菌、ウイルス、皮脂、汚れ、タンパク質)と容易に反応してただの水になって残留塩素は発生しません。つまり人体や物に付着した時点ですぐに水になってしまうので極めて安全性が高く、どのような使用法をしても問題はないとされております。

もし、次亜塩素酸水の残留塩素が心配で使用しないという方は通常の水道水(次亜塩素酸ナトリウムを添加して消毒)の使用も控えた方がいいでしょう。

ホシザキ社電解水のカイセツ書→https://www.hoshizaki.co.jp/p/e-water/manual/about/acidic_effect.html