福島市八島町の消化器科、胃腸科、内科なら八子胃腸科内科クリニック
胃・大腸内視鏡なら当クリニックにおまかせください

TEL.024-533-1215

〒960-8136
福島県福島市八島町2-3

MENU
  • HOME
  • ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌治療は必要か?

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌治療は必要か?

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する治療目的とは

2013年の2月にヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する除菌治療の保険適用が認められ数多くのマスコミ報道もあって、除菌治療について関心を持たれた方も多いのではないでしょうか。当クリニックでは月に100人以上の胃の内視鏡検査を行っていますので、患者さんから相談される事も多いですが、ご本人の強い希望がなければ同胃炎に関しては除菌治療を推奨はしておりません。
現在ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する除菌治療は、保険適用上はピロリ菌が陽性で内視鏡検査において同胃炎と診断がされた人が対象となっていますが、一般的には胃がんの予防的治療と認識されています。 ただ予防的治療に保険適応が認められないためにヘリコバクター・ピロリ感染胃炎という病名をつけているにすぎません。
わが国のピロリ菌感染者数は減少傾向ですが、まだ一定数はいるため日本ヘリコバクター学会や除菌治療に積極的な先生方はその感染者のすべてを除菌する事で日本における胃がんの撲滅につながると訴えています。確かにヘリコバクター・ピロリ感染胃炎は胃がんの発生母地になりやすいために感染者と非感染者の単純な比較をすれば感染者の方が胃がんの罹患率が高いという事実はありますが、今後も胃がんを発症しないであろう大部分の人にまで保険診療で除菌治療を行うというのは、いきすぎた治療ではないでしょうか。

当クリニックがヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に除菌療法をすすめない理由

そもそもピロリ菌に感染している人全員が胃がんになるわけではありません。遺伝子学的な研究により、ピロリ菌感染によって生じる胃粘膜の炎症がDNAのメチル化異常を誘発し、DNAのメチル化異常の量が胃がんの発症リスクと相関することがわかってきています。将来的に胃粘膜のメチル化異常の定量化ができるようになり、詳細な胃がんの発症リスクが予測できて詳細な選別ができた上での除菌治療でもいいのではないでしょうか。
また、ピロリ菌感染胃炎を母地に発生する胃がんの多くはあまり悪性度の高くない分化型がんで、そのほとんどが早期発見により救命可能ながんです。逆に絶対数は少ないながらもピロリ菌陰性胃がんの半数以上は命に関わるようなスキルス性胃がんに代表されるような悪性度の高い未分化がんである事から、除菌治療によって胃がんの罹患数だけをみると減少するかもしれませんが、未分化がんの罹患数はあまり変わらずに死亡数自体はあまり減らない可能性もあります。それどころか後述するような理由で除菌治療を受けた事で内視鏡検査を受ける機会が減って、内視鏡で早い段階で見つかる可能性があった未分化がんの発見ができずに逆に死亡数が増えてしまう危険性もあります。
胃がんによる死亡数を減らすためであれば、除菌治療よりも早期発見・早期治療のために定期的な内視鏡検査を推奨すべきだと思います。

除菌治療後の問題点

除菌治療後に起こりうる大きな問題点の一つとして挙げられるのは逆流性食道炎の増加です。ピロリ菌感染は胃酸の分泌を抑えるように働いているために、除菌治療後に胃酸の分泌が良くなり(つまり胃酸過多状態)、除菌療法を受ける人の増加に伴って日本でも増加してきています。
特に注意した方がよいのは胃もたれ、便秘などの消化管運動機能が低下しているような機能性ディスペプシア(FD)の方で、この様な方は除菌後はかなりの確率で逆流性食道炎が発症・悪化します。さらに日本人は古来より民族的に穀物(炭水化物)を多く摂取していた経過から長時間胃の内に食べ物を溜めておくために胃下垂気味の人が多いので、より胃酸過多の影響を受けやすくなっています。基本的にはヘリコバクター・ピロリ感染胃炎というのは自覚症状はなく、機能性ディスペプシアの人が胃もたれなどの症状の改善の目的で除菌治療をしてしまうと胃酸過多の状態が続き、除菌に成功はしても全く症状の改善がなく、さらに制酸剤が手放せなくなります。
さらに今後の研究で明らかになってくると思われますが、強力な酸性である胃液が食道に逆流する事で慢性的な炎症が繰り返されるために胃がんよりも治療に難渋する咽喉頭がん、食道がん、噴門部(胃の入り口)がんの発症数の増加も示唆されています。
また、除菌治療時の抗生剤の使用によって腸内細菌のバランスが変化して、その後の排便習慣が大きく変わってしまう方もいます。
将来的に危惧される点としては除菌治療を受けた人が、除菌後の成否の効果判定も受けず、さらに自分はもう絶対に胃がんにはならないと思いこんで胃の検査自体を受けなくなってしまう事です。場合によっては除菌が不成功だった挙げ句、定期的な内視鏡での経過観察も受けなかった事でがんが早期発見されずに進行がんになってから発見されるという例も出てくるかもしれません。
また、近年報告が増えている除菌後発生胃がんの問題もあります。除菌後は胃の粘膜再生が起きるために小さいがんの場合は正常粘膜で覆われてしまい、かなり発見しづらい病変になって早期発見に難渋する事が多くなっています。

当クリニックの除菌治療方針

以上のような理由で治療後に起こりうる事象とのバランスを考えて、現時点では当クリニックではヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対しては積極的には治療を施行しておりません。
ただ従来通りに再発性の胃・十二指腸潰瘍の方、以前に胃がんで治療を受けた方についての除菌治療は推奨しております。

今まで何の症状がなかったのに除菌治療後に色んな症状が出て、必要のなかった薬を服用をするようになってから後悔してもどうにもなりません。
特に症状のない胃炎で除菌治療を受けようと思っている人はもう一度よくお考えください。